TOPへ














二重虹
社務所からの二重虹
右手にある境内地から突き出した
大きな建物は「絵馬殿」と言い
江戸末期から戦前までに奉納された
絵馬が掲げられています
藤棚の横を過ぎると
手を清める「手水舎」があり
ここで身に触れた不浄
口に出した不浄を清めて
心の不浄を清め流します
そこから社殿に向かうと
左手に「社務所」があり
祈願の受付・お守りやお札の授与
また、ここにいる神職が相談事をお伺いいたします
正面に堂々と鎮座するのが「木山神社」です
詳しくはこちらをご覧下さい
前へ
次へ