TOPへ



平成25年2月28日夕刻
ご本殿にお鎮まりされますご神体を
神主総出でお遷しする仮遷座祭が執り行われました。

遷座祭は大きく二つに分かれます。
ご本殿より本来とは仮のご本殿にお遷り頂くのが仮遷座祭
仮のご本殿より本来のご本殿にお戻り頂くのが正遷座祭と申します。

今回執り行われたのは里宮ご本殿を仮のご本殿としてお遷り頂く仮遷座祭です。
この遷座祭はご神体をお遷しするという特別な神事でありますので、最も厳粛に執り行われねばなりません。
午後6時、神職は清浄を意味する白の装束に身を包み仮遷座祭を斎行しました。

下記にはその時の様子をご紹介をしております。

午後6時、宮司を始め神職は奥宮前に参列
心身を清める祓いの儀の後、奥宮ご本殿に参入
これよりお遷しです
隊列を組み中央ご神体に不浄が近寄らないよう四方を祓いの具を奉持した神主が囲み里宮へと山を下ります
里宮に到着しご本殿にご神体をお鎮めする様子です
ご神体をお鎮めした後、拝殿に参列しお供え物をご本殿に進めます
ひとつひとつ粛々とお供え物をご本殿に進めている様子です
ずべて供え終わりましたら仮としてお鎮まり頂く旨をお伝えする祝詞を奏上し
宮司が玉串をお供えし、神職は宮司の後ろに並び拝礼
最後に御簾を下げてこれからは里宮より氏子崇敬者をお守り頂けるよう
祈願詞を奏上し神職全員での一拝を以って仮遷座祭を執り修めました

奥宮には多くの神様のご神体がご鎮座されておりましたので
神事が終わりましたのは午後9時
厳かな空気の中、3時間に渡る神事となりました





戻る